持家があるなら生活保護より「リバースモーゲージ」がいいってホント?

「リバースモーゲージ」というもののことを聞いたことのある人はおられるでしょうか。

これは、簡単に言えば、自分が今住んでいる家(自分の持家)を担保にしてお金を借りる制度です。ということは、返済できなければ家を手放さなくてはならいわけですが、あらかじめ、そうなることを前提に利用します。これは「高齢者が、自分の死後に、家はなくなってしまうかわりに、生前に現金を手に入れる」というものなのです。

高齢になって、公的年金以外の収入がない人は、お金が必要になったとき、預金などの資産がなければ現金を用意できずに困ることがあります。

そんなとき、持家を持っていれば、これは資産になりますが、今すぐ家を売ってしまうと、お金は手に入っても、住むところを失ってしまいます。

リバースモーゲージなら、家は担保になるだけで、住み続けることができますから、住まいは維持したまま現金が手に入りますね。

借入金は、一括でまとまった額を受け取り家のリフォームに使用したり、少しずつ借りていって年金と合わせて生活費にしたり、といった使い方をされる方が多いようです。

借りられる額は、持家の評価額(売った場合の金額)までとなります。

また、借りたお金を現金で返済できれば住まいを手放さないでいることも可能です。

リバースモーゲージは2パターンある

リバースモーゲージは金融機関や、公的機関で取り扱っていますが、一口にリバースモーゲージと言っても多少性格が違うものが混じっています。

おもに金融機関で取り扱われているのは、資産価値の高い家を保有している資産家向けの商品で、リフォーム費用を用立てるためなどに使われることが多いパターンのものです。

持家はあるけれど、子どもがいなくて相続の予定がない人などは、このしくみを利用すれば、老後資金がいっそう豊かになります。

もうひとつのパターンは、反対に、生活に困っている高齢者が利用するものです。

先に例としてあげたような、持家はある、けれど収入がない。現金が必要だがこの家を売ってしまうと住まいがなくて困ってしまう……そんなときに利用します。

生活費がないが収入もなく、高齢で働けないというときは生活保護を利用するのが本来です。ですが、国としても生活保護はできるだけ出したくないので、最近は、持家がある人に対してはリバースモーゲージを勧めるというケースがあるようです。

国が運営する低所得者向けのリバースモーゲージ

低所得者向けのリバースモーゲージは、厚生労働省が運営しており、社会福祉協議会を窓口に申し込むことができます。

詳細は都道府県によって少しずつ違います。

一例として、神奈川県では、評価額1500万円以上の不動産があり、基準以下の低所得世帯であれば、リバースモーゲージを利用できます。概要は以下のとおりです。

借りられる上限 居住用不動産(土地)の評価額の70%
借りられる期間 借受人の死亡時までの期間
または貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間
貸付額 1月あたり30万円以内の額(臨時増額可能)を3ヶ月分ごとにまとめて貸付
金利 年利3%または毎年4月1日時点の長期プライムレートのいずれか低い利率
返済期限 借受人の死亡など貸付契約の終了時(据置期間3カ月まで)

金利の「長期プライムレート」とは、金融機関が企業に対して長期(1年以上)の貸付を行う場合に基準として使われる金利のことです。日本銀行のホームページで推移を確認することができます。

http://www.boj.or.jp/statistics/dl/loan/prime/prime.htm/

これによると2013年4月の長期プライムレートは1.20%。この10年で長期プライムレートが3%を超えたことはありませんから、国のリバースモーゲージは1~2%の範囲の非常に低い金利で借りられるということになります。

リバースモーゲージはあくまでも借入金なので、生活保護とは違いますが、生活保護の申請もなにかと厳しくなっている中、持家に住んでいるなら、その前段階の手段として利用できます。少なくともキャッシングなどを無理に利用するよりは(収入のない高齢者に貸付を行うキャッシング業者は問題があると言わざるを得ないですから)いいと言えるでしょう。


このページのトップへ