お金に困っても、こんなところで借りちゃダメ!

キャッシングを利用したくても、審査に通らず、お金が借りられないことがあります。

それでもお金が必要だと、どうにかして借りられないか、という気になってくるわけですが、焦って違法な業者などで借りてしまうのは非常に危険です。

キャッシングの審査に通らないのは、過去の信用情報や現在の経済状況などから、業者が返済能力に不安を持っているということ。実際問題、返済が滞るようなおそれがあるような状態なら、これは金利の高いキャッシングよりは公的な融資制度などを利用できないか検討すべきです。

そして違法な業者で借りてしまうことのよう、注意をしてください。違法な業者は、法定金利を超える高金利での貸付をしてきたり、最初は低金利を謳っていながら実態はそうではなかったりといったことがあります。結果、多重債務などに陥ってしまうことにもなりがちです。また、強引な取り立て・督促をしてきて怖い思いをすることもあるでしょう。

最近は、ソフト闇金などと呼ばれる、対応は一見優しいけれども業態は違法、という業者もあります。

まずは、違法な業者の見分け方を知っておきましょう。

●まぎらわしい広告などに騙されない方法

合法な業者は、国に貸金業の登録をしています。大手のキャッシング業者の、ホームページなどを確かめてみて下さい。登録番号の記載があるはずです。

たとえばアコムですと 「関東財務局長(10)第00022号」とあります(公式サイトのいちばん下のほうに書いてあります)。

金融庁のサイトで、この登録番号を調べることができます。

http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php 

このページに入力してみますと、たしかにアコム株式会社の登録があるのがわかります。 さらに、検索できた登録事業者の情報に「広告用電話番号」という欄があります。ここをクリックすると、電話番号の一覧が見られますが、これが、アコムが広告に掲載する可能性のある電話番号として届け出ているものです。

実は、闇金融は、安全な業者だと誤解させるために、大手業者の関連であるかのように装った社名であったり、似たようなロゴを用いたり、イメージの近い広告を出したりということが多いのです。

ひどい場合は、勝手に大手業者の登録番号を広告に記載していることさえあります。

ですから、この業者は大丈夫かな?と思って、広告に記載されている番号を調べてみた→大手業者の情報が出てきた、となってもそれだけでは安心できないわけです。

そんなとき、広告用電話番号の欄で、広告に書かれている電話番号があるかを確かめましょう。そこに番号がなければ、注意したほうがよさそうです。登録事業者はここに届け出ている以外の電話番号を広告に掲載すると貸金業規制法によって違法になりますので、ここに載っていない番号は使用していないはずだからです。

こんなお金の借り方は違法!

いわゆる闇金のほかにも、以下にあげるような方法でお金を貸してくれる業者がありますが、違法やそれに近いものである場合が多いため要注意です。

・クレジットカードの現金化

クレジットカードのキャッシング枠がいっぱいになってもうお金が借りられない人に対して、ショッピング枠のぶんも貸しますよ、という業者があります。

しくみとしては利用者がカードで買い物をし、業者からはなんらかの商品は送られてきますが、これはほとんど価値のないもので、同時にキャッシュバックという形で現金を受け取ります。受け取る額は買い物した額よりすこし少なく、この差額が業者の利益になります。そして、この「買い物」の代金は後日、カード会社から請求されるので、利用者は「返済」として支払うわけです。

または、高価なブランド品などを利用者がカードで購入し、この商品を業者がすぐさま買い取るという形をとることもあります。この場合も利用者の手元には現金と、カード会社からの請求が残ります。

こういったやり方は、それ自体が違法とは言えないのですが、あきらかに現金を受け取るためにカードを使用しており、本来のカードでのショッピングとは異なります。そういった使い方はカード会社の規約で禁止されていることがほとんどで、もし発覚すればカードが停止になるなどのペナルティも考えられます。

・年金を担保にした貸付

年金を受給している高齢者に対して、年金を担保にお金を貸すと言う業者がありますが、これは公的な融資制度である年金担保貸付を運営している独立行政法人医療福祉機構だけに認められている行為です。それ以外の民間の業者ではすべて違法行為になります。

年金生活者はほかに資産や収入がないことが多いので、お金の借入自体すべきではなく、するとしたら公的な機関の福祉的な制度を利用したほうがいいでしょう(医療福祉機構の年金担保貸付がまさにそういう趣旨のものです)。絶対に、民間の違法な業者は利用しないでください。


このページのトップへ